ホーム » ルーン占いの方法 » キャスティング

キャスティング

キャスティングとは

ルーン占いの醍醐味とも言える占い方です。
他の占いではあまり見かけません。

全部のルーンを投げて占います。
古来からあったやり方で、草原や広場など、広いところで行われていたそうです。

ルーンの向き、重なり方、散らばり具合から、運気などを読み取ります。

風と月では、ルーンを全部袋にいれて、占いたいことを念じながら
クロスの上に投げます。豆まきみたいに、ぽいっと投げます。
基本的には表になったルーンだけを読みますが、もっと深く読むときは、裏になったルーンも読みます。

ルーンを全部使うので、様々なことが占えます。
1か月、1年などの運気予報や、現在の事業の展望、人間関係などなど、
幅広く深く占えるのが特徴です。

風と月ではクロスの真ん中を現在や自分に設定し、上に行くほど未来、下に行くほど過去、
中心に近いところが自分の周囲、遠くに行くほど影響が遠い、そんな風に占ってます。
お問い合わせ