ルーン占い 風と月

9.ハガル

ルーン文字9.ハガルの意味

意味:雹、霰、嵐

主な解釈:
嵐に見舞われる。破壊される。

逆位置の主な解釈:
霧が晴れる。跡形もなくスッキリする。

解釈のヒント:
ルーン文字が作られた時代、作られた場所は、とても寒く、雹や霰は農作物にダメージを与え、嵐の日は航海にも出られず、生活が脅かされるものでした。
そこから、ハガルのルーンは、破壊のルーンと言う解釈が生まれたと考えられます。

ルーンは8個を一つのグループにして3つにわけるという考え方があり、
ハガルは第二グループの頭になります。
第一グループで積み重ねて来たものを壊して、新しいグループを作るトップバッターです。
そこから、ハガルの破壊は再生のための破壊、古いものを壊し新しものを作るという解釈ができます。

どんなに天気予報が進化しても、嵐の予測はできても動きを止めることができません。
嫌がっても願っても、嵐はやって来るものです。
ハガルは自分の力ではどうしようもできないことを示唆しています。
手放すときが来たのだと諦めることも大事です。

占いをしてハガルが出て来たら、次のことを問いかけてみましょう。

☆その問題は、自分の力で解決できるのか。
☆何かが起きたときの準備はできているか。
☆本当に安全な場所であり、必要なものなのか。
☆今、それをしなければならない時期なのか。

自分の力ではどうしようもできないことがある。
現実を受け入れて、先々の備えを。
それがハガルのメッセージです。


CONTACT

MOBILE QR CODE

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

PAGE TOP